病院・クリニック以外で活躍できる場とは

ある程度の経験を積むと、医師はそれぞれキャリアの行く末を考え出すようになります。
医師である以上、病院や、あるいはクリニックといった医療施設で働くことを視野に今後どのようなキャリアを築いていくべきかを考えるものですが、少し視点を変えてみればまた違った景色が見えてくるのかもしれません。

医師には病院以外の勤務先で働くという選択肢もあり、また、病院やクリニック以外の医師の求人も非常に多く出回っているのです。
そこにも注目しながら求人を探していけば、より自分のキャリアを広げることができ、転職の意義を見出すことができるのではないでしょうか。

例えば、一般企業に勤めるという選択肢があります。
そこで働く従業員などの健康管理や健康診断などの職務を担い、加えて労働環境に関するアドバイスや指導を行うことも重要な仕事の一部となるでしょう。

これはいわゆる産業医と呼ばれる職種も含まれます。
ある程度の規模を誇る企業にはこの産業医を設置することが義務付けられているため、まだまだ需要がありますし、医師としてのこれまでの経験を生かし従業員の安全や健康の手助けができることを考えれば、非常にやりがいのある仕事となるでしょう。

これも一般企業の一つですが、特に保険会社に勤めるという選択肢も考えられます。
保険会社では契約者に対して診査を行い、また、契約希望者が提出した書類等の査定を行うなどの仕事を請け負います。

医師の病院以外の働き方

・製薬会社でメディカルドクターととして働く
・保険会社で査定医、社医として働く
・介護老人福祉施設で施設長として働く
・障害者施設で配置医師として働く
・研究機関で研究医として働く
・全国の市区町村の保健所で公衆衛生医として働く
・一般企業で産業医として働く
・刑務所で矯正医官として働く
・客船、遠洋航海の漁船、貨物船などで船医として働く

  病院以外に勤めるからこそのやりがいや利点

上で紹介したのは産業医や保険会社での勤務例ですが、他にも製薬メーカー福祉施設、あるいは研究機関などでの勤務も考えられるでしょう。
このように、病院以外の勤務先はさまざまあるため、転職を検討し医師の求人をチェックするのであれば、これらの選択肢を排除せずに情報を集めていくことをお勧めします。

病院以外の勤務先への転職には、病院での勤務にはないやりがいやメリットがあると感じる医師も少なくありません。
医師同士の派閥争いやしがらみなどがなく、当直やオンコールなどもないため精神的にも肉体的にも楽である、これが最大のメリットでしょう。

病院を訪れる患者とは異なる関係性を築くこともでき、特に会社に勤める場合には一従業員として働くことになりますから、新たな人間関係を構築することにも一役買ってくれるはず。
労働時間等を考えれば収入面でも十分に満足できる求人が多いのではないでしょうか。

何よりも、これまでの経験を生かして社会の役に立てる、これは医師として大きなやりがいを感じる部分となるはずです。
手術などは行いません。
あくまでも知識とコミュニケーション能力を発揮することになりますが、ある程度年齢を重ねた医師であれば、存分にそのスキルを発揮することができるでしょう。