希望条件とキャリアプランの整理を

医師の転職理由

・年収アップをしたい
・女性医師であれば妊娠や出産に伴い、時間に融通が利く職場に転職したい
・プライベートの時間が無いので時間に余裕がある働き方がしたい
・当直やオンコールがない医療機関で働きたい
・家庭の事情等で引っ越すから勤務地を変更する
・キャリアアップを図りたい
・独立をしたい
・転科をしたい

上記のように、医師が転職を考える時、理由は様々かと思います。
転職を考えたら、即行動するのもいいですがやみくもに自己流で転職活動を始めてしまっても、転職の成功率は低いでしょう。
転職活動には転職成功率をあげる順序とポイントがあるのです。
まずはそのポイントを押さえていく事が大切ですよ!

医師の求人は転職サイトや求人サイトなどを覗いてみればすぐに発見することが可能ですが、そこには膨大な数の求人が存在するため、丁寧に絞り込みを行なっていかなければいけません。
求人を探すときにチェックすべきことは多々あるものの、やはり欠かすことができないのは条件や待遇の類でしょう。

新たな勤務先に何を望むのかは医師によって変わってきて当然のこと。
収入を重視して求人探しをする医師もいれば、病院以外の勤務先を希望する医師、症例数や労働環境を重視して求人選びをする医師もいるはずです。

福利厚生や職務内容、休日や労働時間、こうした点も転職先を決定する重要な要素となるのではないでしょうか。

それぞれの医師の頭の中には希望する条件や環境があるとは思いますが、医師の求人を探す際には、それを改めて整理しておかなければいけません。
整理されないまま求人を探し出しても焦点を絞ることができず、応募したいと考える求人が数多出てきてしまうでしょう。
それでは選択もままならず転職時期も延びてしまいますから、あらかじめ希望条件の整理を行っておくことをおすすめします。

この希望条件や転職先に求める待遇などは、キャリアプランに沿ったものになるケースも少なくありません。
まず自身のキャリアプランを整理することで、自然とそれに見合った条件や待遇などが見えてくることもあるはず。
どのような医師人生を歩みたいのか、これも今一度考えながら求人の絞り込み作業を行うようにしてください。

  あらゆる情報を集めることもポイント

転職サイトや求人サイトなどを利用して医療施設の募集案件を見つけるのは非常に有効な手段となるでしょう。
しかし、情報はできるだけ多方面から集めることを心がけたいものです。

例えば、一つの転職サイトで見つけた求人に対して、他のサイトにも同じ医療施設の募集案件が掲載されていないかをチェックすることは必須の作業となります。
人気の診療科目は特に、掲載されているサイトや媒体が多ければそれだけライバルも多くなるため、よほどのキャリアや能力がなければ採用される可能性が低くなってしまうのです。

高い収入を提示し良い労働環境が整っている医療施設であれば競争率の激化は避けられず、そうした求人ばかりに応募していれば転職のタイミングが随分と遅れてしまいかねません。
また、サイトでチェックした内容を転職支援サービスのコンサルタントに尋ねたり、あるいは実際に見学に行き自分の目で労働環境を確認しながら応募先の選定を行うことも是非怠らないようにしてください。

こうした作業を徹底することで、転職の失敗の回避が可能となります。
あらゆる方面や媒体から情報を集め、医師の求人を出している医療施設の本質を徹底してチェックする、そんな転職活動を心がけていきましょう。

医師不足エリアへの転職を考える

  医師不足地域の求人数と求人内容

医師不足の状況と医師の求人数の傾向には、何かしら関係があるのでしょうか。
医師が転職を目指すとき、わざわざ医師の数が不足している地域に限定して探す人は少ないかもしれません。
しかし、条件次第では地方への転職も視野に入れるという医師は、意外と多いようです。

そこで、求人を探すときに一つ頭に入れておきたいのが、冒頭で触れた医師不足エリアと求人の数の関係性
医師が不足しているところでは医師を募集している医療施設も多いのではないかと考える人もいるようですが、決してそうとは言えないでしょう。

なぜなら、医師不足が顕著なエリアは人口が減っている地方であることも少なくなく、そうしたところではそもそも医療施設自体が都市部と比べて少ないため、必ずしも求人の絶対数が多くなるとは限らないのです。

医師の数はさほど深刻ではないが、しかし医師の求人数は非常に多いエリアも存在しています。
都市部と言われるようなところがそれにあたるわけですが、ここから見ても、必ずしも医師の数と求人の数に相関関係があるとは言えません。

ただ、求人内容はやはり地方の方が優遇されている傾向があり、これは医師の数が不足しているエリアがなんとか人材を確保しようと考えるためにそのような傾向になると考えられます。

  医師が不足しているエリアのメリットとデメリット

もし、転職するエリアに強いこだわりを持っているわけではないのであれば、医師不足が顕著な地域にも視点を向けながら求人を探してみることをおすすめします。
狭い範囲にこだわって探す場合よりも条件のいい医療施設と出会える可能性もアップしますし、それ以外の待遇等の面を見ても、もしかしたら自身の希望にマッチした病院や診療所と出会えるかもしれません。

ただ、収入は上がり福利厚生等は充実していたとしても
「スキルアップのための環境が整っていない」
「最先端医療を学ぶ機会が減る」
「生活の拠点を移すことによる弊害が生じる」
「転職に失敗した時にすぐさま新たな転職先を探すのが難しくなる」
など、地方へ転職することによるデメリットやリスクがある点も無視はできないでしょう。

あらゆる可能性を考えながら医師の求人をチェックすることは問題ありませんし、むしろ積極的にそうするべきですが、医師が不足している理由や、それぞれの地域の特性などの情報も獲得しながら求人を選んでいくことが求められそうです。